高精度金型 加工事例

高精度金型加工事例

1/1000mmの精度をバラツキなく実現する為に、ジーテックでは更なる品質向上を目指しています。
精度を出すのが難しいとされる、「高硬度材の加工」「細溝加工」等、ゼロ公差を実現する技術力ときらりと光る技で、最新技術を生み出していきます。

金型部品加工風景

CASE1:高硬度材加工時の時短&品質UP!

放電加工時のデメリット

前準備の段階で、電極図面や電極の作成に時間を要してしまい、加工以外の時間が発生してしまいます。

そこで、直彫加工に変更するが・・・

直彫加工のデメリット

そもそも高硬度材に直彫加工を施すことが難しく、加えて寸法管理も困難です。

高品質製品提供の為、「高硬度材の直彫加工」にトライ!

そこで、「特殊刃物」と「高速マシニングセンター」を使用。

結果

加工前準備時間 ⇒ 時間!
製品加工時間  ⇒ 放電加工よりも早い!
電極同士の段差 ⇒ なし!品質UP!

※底部コーナー:R0.02~3mm
 側面部コーナー:R0.05~6mmの加工が可能となりました。

CASE2:職人技を積極的にNC化!

熟練の職人技「細溝加工」

この研削加工技術をNC機を使用することで、誰でも一定品質で生み出せる技術にしていきたい!

「NC機と特殊装置」を活用しトライ!

汎用機では職人にしかできなかった「細溝加工」が、
若手でも加工が可能になりました。

※NC機を使用するにあたり、計算や数値入力といった手間を省く為、早くからCAM を採用しています。
※他にも、熟練技術の品質を落とさず、最短で提供する為、あらゆる技術のNC化を行っています。

高精度金型

PAGE TOP

超微細なプラスチック射出成形・高精度金型製造

076-240-4460

076-240-6610

所在地:石川県金沢市福増町南41番地5

エミダスプロ登録企業

メールでのお問い合わせ

ISO9001

Copyright © GTEC Co.,Ltd. All rights reserved.